NHK BS1「義足でアフリカに希望を・パラ選手育成にも挑戦!」でアヘゴが紹介されました。

ahego2.JPG


ドリーム・ジーピーの研究員アヘゴ(Aduayom-Ahego Akouetevi トーゴ出身)が12月17日NHK「国際報道2109」で紹介されました。


「義足でアフリカに希望を・パラ選手育成にも挑戦! トーゴ初"義足のパラ選手"を」ということで、アヘゴをクローズアップした内容です。
義肢装具士としての先進的な知識と技術を学ぶため、8年前に日本に来日。新潟医療福祉大学で学び、早稲田大学でスポーツ科学を研究し、現在ドリーム・ジーピーで足に関する研究を続けています。
「障害者が仕事ができず生活が大変だと分かったので、義足を作ったら自立支援ができて仕事ができる」と思い、「貧しくて義足を買えないアフリカの障害者たちのために、安くて良い義足を作りたい」というアヘゴの夢があります。
それを実現するためにも「トーゴから初の義足のパラリンピック選手を誕生させる」プロジェクトを進めています。そんな彼を追ったドキュメントが放送されました。


東京パラリンピックを目指せ!ドリーム・ジーピーは彼の夢を応援しています!


お問い合わせはこちらから